NOK株式会社 新卒採用WEBサイト

ENTRY

MYPAGE

ENTRY

MYPAGE

活かせる専攻と技術MAJOR AND TECHNOLOGY

「学生時代に学んだ経験はどのように活かせるのか」、「仕事だからこそ新たに学べる点はなにか」。さまざまな製品を手掛けるNOKだからこそ得られる経験、学べるフィールドの広さを、社員の声をもとに感じてみてください。

伸線加工技術の研究で培った
チャレンジ精神で、
日々高度化するFPC設計に挑む

製品設計×機械
青木 一充Kazumitsu Aoki
入社5年目
日本メクトロン株式会社
技術本部GC設計部GC設計一課
情報理工学研究科知能機械工学専攻 修了

学生時代の研究について

学校では機械工学を専攻し、伸線加工技術の研究をしていました。伸線加工とは、線材(針金やワイヤー)の直径を細くするために長さを伸ばす金属加工の一種です。通常は、入口が太く出口が細い円錐状の穴を持つダイスと呼ばれる工具を使って行われますが、ダイスの出口寸法が線材の寸法となるために、ダイスには高精度・高硬度が要求されます。私はダイスを使わずに凹型ロールを回転させることによる、新しい伸線加工技術の研究を行っていました。
ただ、就職活動では専攻に限定せず、自分がやりたい分野にチャレンジしようと思っていました。小さい頃から機械いじりが好きで、部品に興味を持っていて、たまたま分解していたゲーム機に、FPC(フレキシブルプリント基板)が使われていることを知りました。そしてタイミング良くNOKからFPCの写真が載っている説明会案内のハガキが届き、目に留まったことを覚えています。その後、説明会に参加し、FPCの高いシェアと技術力に魅かれました。

現在の仕事内容

スマートフォン向けのFPCの設計を担当しています。お客様の要求仕様(電気特性や機械特性)に応じ、一点一点、オーダーメイドの設計を行う必要があります。ただCADを使った図面を書くだけの設計ではなく、製品の構造、材料選定、形状、配線パターンなどの製品設計と、製造工程の手順書作成や、工程内で使われる金型や治具などの生産に関わるツールの設計も行っています。設計の仕事は、その後の製造工程すべてに関わってきますので、社内関係部署との調整はもちろん、全工程に関わる技術知識も必要になります。
私が担当するスマートフォンは、世界的に最先端の機能を有したものなので、仕様要求も高く、常に新技術で応えているという自負があります。スマートフォンの機能は、年々、高度化・多様化していますので、実装部品に合わせたFPCの設計も求められます。その求められる難易度の高さが、仕事の面白さであり、充実感につながっています。

自分の専攻のココが活きている!

図面の見方や物理の基礎知識(単位や基礎的な評価式など)を知っていることで、業務上で知らないことを教わる時や、他の部門の技術者と話をする際の理解度の速さには役に立っていますが、大学での研究内容と現在の業務では、専門的な共通点があまりありませんので、専門知識はあまり活かせていないかもしれません。ただ、現在の業務では、仕様書や手順書の作成、顧客へ資料提出をする機会が多いのですが、大学院で得た研究資料のまとめ方や作成ノウハウは、非常に役立っていると言えます。
設計業務には、その後の製造工程の司令塔的な役割があり、機械の知識とともに、電気・電子の知識も必要になります。常に好奇心と向上心を持って仕事に挑むという姿勢に、大学での研究経験が一番活かされているかもしれません。

研究と仕事のココが違う!

まず何といっても、緊張感が違います。大学の研究では失敗は許されますが、仕事では失敗が許されません。失敗すれば、お客様を始めとして多くの関係者に迷惑をかけることになります。当然のことながら、成果も求められます。例えば、大学の研究では納期という概念があまりありませんが、仕事では一定の期間内に成果を出さなければなりません。その意味での厳しさはありますが、逆にその緊張感が自分の技術力を高めたり、成長の促進につながったりしていると感じています。
また、質の高い仕事をするためには、さまざまな関係部署や海外の工場など非常に多くの人たちと関わっていく必要がありますので、コミュニケーション能力を求められるのも違うところですね。現在、製造工程内の技術的課題などについては、まだまだ各工程の専門部署に頼りがちですので、専門部署と近いレベルで話ができるぐらいの技術的な知識を身につけることが、目下の目標です。

最適なシステム開発・導入で
理想の工場の土台をつくる

生産技術×電気・電子
谷 祐太Yuta Tani
入社4年目
NOK株式会社
生産技術本部システム開発部システム開発課
工学部電子情報工学科 卒

学生時代の研究について

大学では走査型プローブ顕微鏡を用いて原子分子技術を研究する、原子分子操作組立領域という研究室に所属し、シリコン表面構造の研究を行っていました。新しい物性を示す新材料(例:高触媒活性、高導電性)の作成に向けたナノスケールの現象解明が研究の狙いでした。当時、私の中では理系(技術)=研究職への就職というイメージが強く、成果が見えづらく黙々と業務を遂行する研究は自分の性格には合わないと思い、就職活動では、営業職を中心にメーカーを回っていました。NOKを知ったのは、「面接で一番好感をもてた会社」と大学の友人から教えてもらったのがきっかけ。営業職を志望していた私ですが、選考時の面接官から、「あなたがイメージしている研究職もあるけど、モノづくりを通して多くの部署と関わりを持ち成果を実感できる業務や、大学で学んだことを活かせる職種は沢山あるので、視野はもっと広く持ったほうがよい」といったアドバイスを頂き、思い描いていた仕事のイメージが変わり、入社を決めました。

現在の仕事内容

NOKグループ各社及び国内外の関連会社の工場で使用される製造情報システムの開発・導入を担当しています。各工場からシステムの開発や改善の要望が入ると、工程の調査や詳細仕様の打ち合わせを行い、プログラムの開発・導入を図っています。技術的には、パソコンのプログラムだけではなく、PLC(Programmable Logic Controller 制御装置)やハンディターミナルなどのプログラム開発も行っており、さまざまなデバイスを複合的に使用したシステム開発を手掛けています。最近では、工場の稼働率データを収集し、ネットワークでつなげるシステムなどの開発などにも携わっています。
仕事の面白さは、NOKは生産設備を自社開発しているため、仕様の検討から設計、テスト、導入まで一貫して携われるところ。工程の理解や目指すべき姿の共有、システム化に合わせた作業変更のお願いなど、システム使用者とコミュニケーションを図りながら一つの目標を目指していける点にやりがいを感じています。

自分の専攻のココが活きている!

研究していた領域とはまったく異なりますが、身に付けた理系の論理的な思考は大きく役に立っていると思います。また、私が大学で学んでいた分野が電気・電子系なので、基礎知識を持っていることは大きな強みです。実際、講義で得たプログラミングや回路理論、電気機器などの知識が、日々の業務の基礎知識として活用できています。
また、プログラムの開発に関しても、大学で基本的なことは学んでいましたので、理解が早かったと思います。そのお陰で、早い段階からさまざまな仕事を任されるようになりました。
現在の業務は、モノづくりの工程に関わる部分の為、どんな手順で製品ができるのか理解した上でプログラムを開発しないといけません。各工場の様々な技術者の方と連携することが多く、違った分野・領域の技術に携われることが私にとっては日々勉強でもあり、この仕事の面白さにつながっていると思います。

研究と仕事のココが違う!

一つはやはりコミュニケーションの違いでしょうか。大学での研究は狭い世界での作業になりますし、人とのコミュニケーションも限られてきます。しかし、実際の仕事では、多くの人と交わりながら作業が進められ、仕事の質も、成果も、コミュニケーションや協調性に左右されるといっても過言ではありません。
もう一つは仕事の成果が目に見えることです。就職活動時に思い描いていた技術職とは異なり、現在の仕事は個々の案件ごとに成果が出てきますし、それによって工場の工程が効率化したり、設備の稼働率があがったりします。技術職といっても、会社の中ではさまざまなフィールドがあり、いろいろな技術者と関わっていく中でその幅の広さを実感しています。今は生産技術職として、国内・海外の工場への設備導入に向け、日々、奮闘しています。

フッ素の可能性を追究する毎日。
業務を通して社会人としても成長していきたい

材料技術×化学
塩田 知美Tomomi Shiota
入社2年目
NOK株式会社
樹脂・ウレタン事業部材料部技術課
理工学研究科物質工学専攻 修了

学生時代の研究について

高校時代から化学に興味があり、大学では化学系の学科を選びました。幅広く学んだ中で特に面白みを感じたのが有機合成の分野です。有機フッ素化合物の合成を行う研究室に所属したのですが、「このテーマをもっと追究したい」と思い、大学院への進学を決意。側鎖に環状構造を持つフッ素系高分子の新規開発を目指した研究に取り組みました。
就職活動においては、当初は大学院での経験を活かすために化学系のメーカーを探していましたが、NOKが手掛ける製品の幅の広さが魅力的に映ったのと、何より会社の雰囲気が自分に合うのを感じて入社を決めました。研究に対する姿勢やアプローチに関しては学生時代の経験を活かすことが出来ていますし、視野を広げたことで新たに興味を持てたこともたくさんあります。化学系のメーカーではなく、別業種の企業を就職先に選んだ決断が正しかったと実感できています。

現在の仕事内容

材料部技術課では、材料の量産のための工程設計や改善を行っています。その中でも私が担当しているのは、フッ素と炭素からなるPTFE材料です。フッ素は耐熱性や耐油性に優れた材料なので、より厳しい条件下で使われる部品の材料として使用されます。さまざまな材料と組み合わせることにより特性も大きく変わり、非常に奥が深い材料です。その材料の量産設計を担当しており、ラボベースで得た反応条件を工場スケールでも再現できるよう検討したり、現場での作業性を高めるための技術改善などを行っています。
PTFE材料ではフッ素を中心にさまざまな材料を組み合わせるため、小スケールでの結果を工場スケールで再現できないといったことも少なくありません。最適な条件を探し出すために検討を重ねるためデータ量も膨大になります。苦労は多いですが、根気強く実験を行い、理論づけて結論を出していく過程にはやり甲斐を感じます。そして結果が出たときは、一番達成感を得られる瞬間ですね。それが次の研究開発のモチベーションにもなっています。

自分の専攻のココが活きている!

学生時代からフッ素について研究を行ってきましたが、当時は現象などの考察が主だったのに対し、現在は材料としての可能性の検討というように、取り組むテーマとしては随分と違っています。ただ、PTFEの研究開発で不具合が生じた時や、予期せぬ出来事が起きた時には、どうしてこうなったのだろうと先輩方と意見交換をします。そうした際に、フッ素の基本的な知識が備わっているおかげで、それを基盤にさまざまな可能性を考慮し、解決策を提案することができます。そうした意味では大学での勉強は非常に役に立っています。
また、検討時に思ったような結果が得られない際も、粘り強く別のアプローチを考えられるといったことは、学生時代に研究に没頭した成果だと思います。一方で、研究を通して積極的に使ってはこなかった分析機器を、実際の業務で使うことが多く、「もっと活用して使い方に慣れておけばよかった」と思うことはありますね。

研究と仕事のココが違う!

大学での研究と、社会に出てからの研究開発の大きな違いとして、スケジュールを守らなければいけない点や、結果が求められる点などをイメージされるのではないでしょうか。私が現在取り組んでいる業務は、より良い製品づくりのための材料改善であり、目指すゴールは明らかになっていますが、これを達成させるためのステップ毎の目標や計画は自分自身で考え進めていくので、この点に難しさを感じています。自分に任されているという点ではモチベーション高く、意欲的に取り組めているのですが、その一方で責任の重さも痛感しています。
また大学では個人単位での研究がベースになりますが、業務の場合は自分ひとりではできません。周囲とのコミュニケーションを密に取りながら進行することで、何かあればフォローし合える環境となり、業務を円滑に進めていくことができます。大切なのは、いい意味で周囲の人を「巻き込んでいく」こと。私はまだ入社2年目なのでそれが上手くできていませんが、多くの人と関わることで、社会人としても成長していきたいと思っています。

大学で培った経営管理手法を活かし
会計という観点から会社に貢献していきたい

経理×文系
笹井 佑資Yusuke Sasai
入社3年目
イーグル工業株式会社
財経本部経理部連結会計課
経営管理研究科経営管理専攻 修了

学生時代の専攻について

大学時に投資理論に興味を持ち、数字が好きだったこともあり、漠然とですが会計士を目指し大学院に進みました。進学してより深い知識を持って就職した方が有利なのではと思ったところもあります。
大学院では会計全般の計算規則と理論を学習し、ゼミでは、特に興味のあったM&Aに関する会計基準の歴史の変遷を学びました。勉強していくうちに、企業を監査する仕事よりも、会計の知識を企業経営の実際に活かすような仕事に就きたいと思うようになりました。
就職活動では、金融やメーカー、ITコンサルなど幅広い業界を見ましたが、グローバルに展開する企業で経理実務を経験してみたいと感じるようになり、メーカーを志望。NOKグループは、大学院時代の先輩が教えてくれた優良企業の中の一つとして初めて知り、興味を持ちました。入社の決め手は、グローバル展開と社風。特に社風は、最終面接で緊張していた私を面接官(当時の専務)が突拍子もない質問で和ませてくれたことが印象的でした。

現在の仕事

連結会計課に所属し、主に連結決算及び税務を担当しています。イーグル工業には海外も含め40社余りの子会社があります。子会社から送られてくる決算情報をチェックし、それを会計ソフトに入力して連結貸借対照表・連結損益計算書の作成を補助したり、連結キャッシュフロー計算書を作成したりするのが私の主な業務になります。一口に連結財務諸表の作成と言っても、例えば、子会社への出資方法によって連結の仕方が異なったり、貸借対照表と損益計算書では数字をチェックする観点が違ったりと、業務の幅は多岐に渡ります。
財務諸表は投資家や税務当局など、外部に提供するものですので正確さが求められます。数字の動きに変動があればその要因を確認するため、海外子会社のスタッフに英語で問い合わせる必要もあります。財務諸表のさまざまな数字から、当社の経営動向やグローバル規模での動きが分かったり、世界経済の動きが見えたりするのが、この仕事の面白さの一つです。

自分の専攻のココが活きている!

学生時代に連結決算を一通り学んだことが、仕事に活かされています。各個別の業務を行う際にも、連結決算全体のプロセスの中で、その業務の位置づけや意味合いを理解して業務に取り組むことができています。会計ソフトに各子会社の決算情報を入力すると自動的に財務諸表が作成されますが、連結ルールが理解できていることで各数値がどういうロジックで算出されたのかわかり、数字のチェックや修正もスムーズに行うことができます。入社直後に簿記1級の資格を取得したことも、実務の基本的なところの理解に大きく役に立っていると思います。

勉強と仕事のココが違う!

大学院で学んだことは、あくまでも理論的なことですので、実際の業務ではイレギュラーなことが多々あります。また、数字の推移を見る場合でも、各企業特有の事情や固有の要因があり、必ずしも理論通りにいくとは限りません。理論を踏まえた上で、なぜ、その数字になったのかを各子会社の担当者とコミュニケーションをとりながら確認し、そして子会社の事業や海外のビジネス環境などの情報も交えて判断していくというプロセスが不可欠になってきます。
現在の業務は、外部の関係者に会計情報を提供する財務会計の領域になりますが、今後は会社内部の経営の指針になるような管理会計の領域にも携わりたいと思っています。将来的には、会計という観点から会社に貢献する存在になりたいですね。そのためにも、海外勤務も含めて多彩な経験を積んでいけたらと思っています。